英語教育のおすすめ情報

【保存版】子どもの英語学習方法は?ステップ別にご紹介

子どもの国際感覚を育むためのロードマップ

「子どもに英語を話せるようになってほしい」と思っているパパ・ママは多いですよね。

でも、英語はあくまでもコミュニケーションツールに過ぎません。

英語を学ぶことで、世界に興味を持ち、日本を深く知り、そしてしっかりした国際感覚を身に付けて、世界中どこでも活躍できるようになる。

そんな未来があると思ったら、ワクワクしますよね!!

 

「でも、国際感覚ってどうやって身に付けたらいいんだろう?」

 

今回の記事では、こんなお悩みを持っているママに向けて、欧米への留学3回、現在は台湾在住の3児のママである私が、ステップ別の手順をお伝えしていきます。

 

 

英語を学ぶためには、環境づくりから始めよう!

世界に興味を持つ子どもに育てるためには、世界共通語である英語に興味を持つことが第1条件です。

まずは、そのために親が心がけておくべきことをご紹介します。

 

親が子どもにできるのは「動機付け」と「環境の用意」のみ!

子どもの英語教育を始めるのは、いつからでも大丈夫。やりたいとおもったときが始め時です。

私の体験談も書いています。

子どもの英語学習の始め時
子どもの英語教育はいつからでもOK!「本人のやる気」を育みやすい環境を準備しよう

「英語教育って、何歳から始めるのが最適なんだろう?」 こんな疑問、湧き上がってきませんか?   結論、「英語教育はいつから始めてもOK!!」です。 ただし、英語教育成功のカギは「本人のやる気 ...

続きを見る

 

英語が苦手な親でも大丈夫!積極的に語りかけたほうが良い理由と語りかけの方法

英語の発音が良くないと子供に話しかけてはダメだと思っていませんか?

そんなことはありませんよ!

その理由と語りかけの方法をお伝えしています。

英語が苦手なパパやママも子供に英語で話しかけよう!
英語の発音の悪さは気にしない!子どもに英語で積極的に語りかけよう♪

子供に英語に興味を持ってほしいから、英語で語りかけてみたい。 でも、「自分の英語の発音に自信が持てない。。。」というママやパパはいませんか?   そんなこと、気にしなくて大丈夫ですよ!! 今 ...

続きを見る

 

英語は中学卒業レベルでOK!やり直し英語に必要な3つのステップ

「子どもと一緒に自分も英語の勉強をやり直したい」と思っている人向けに、3つのステップをご紹介しています。

大人のやりなおし英語
【大人のやり直し英語の学習方法】英語を話せるようになりたいパパママへ

近年ますますグローバル化が進み、小学校でも2020年から英語学習が始まります。 ※詳細は文部科学省のHPをご参照ください。   そんなこともあって、お子さんに英語を学ばせたいと思っているパパ ...

続きを見る

 

子どもの英語学習の始め方

環境が準備できたら、次は実際に子どもの英語学習に取り組みましょう。

4技能(Listening/聞く、Speaking/話す、Reading/読む、Writing/書く)をバランスよく育てていくのがポイントです。

お子さんの興味の度合いに応じて、コンテンツを変えていけるとよいですね。

 

英語への興味を育む:英語歌を一緒に歌おう!おすすめ7選

子どもと一緒に歌うのに最適な7つの英語歌(ナーサリーライム)をご紹介しています。

なぜナーサリーライムが良いのか、その理由もご紹介しています。

ナーサリーライムおすすめ7選
子どもが好きな英語歌(Nursery Rhymes)おすすめ7選

前回の記事では、英語が苦手なパパやママにNursery Rhymes(ナーサリーライム)と呼ばれる子供向けの歌を覚えて歌うのがおすすめとお伝えしました。 https://nene-english.co ...

続きを見る

 

英語のおもちゃで一緒に遊ぶ:年齢別のおすすめ英語知育おもちゃ4選

わが家で実際に購入した英語の知育おもちゃをご紹介しています。

年齢順に買いそろえていくと良いですね。

英語知育おもちゃのおすすめ0・1・2・3歳向け
英語の知育おもちゃ:0・1・2・3歳向けおすすめ4選

子供に英語に興味を持ってもらうきっかけとして、誕生日やクリスマスのプレゼントなどで、英語知育系のおもちゃの購入を検討している人もいるでしょう。 今回の記事では、我が家で実際に買った英語のおもちゃをご紹 ...

続きを見る

 

遊びの中にフォニックスを取り入れる:ジョリーフォニックスがイチオシな理由

英語の発音を学ぶのにフォニックスは今ではすっかり有名ですが、その中でもジョリーフォニックスがおすすめです。

その理由は、教材のステップが分かりやすいのと、無料教材が充実しているから。

これからフォニックスを始めるなら、まずはジョリーフォニックスからはじめてみましょう。

おうち英語にはジョリーフォニックスがおすすめ
無料教材が充実のジョリーフォニックスは子どもの英語学習に最適!

インターナショナル幼稚園を卒園した息子。 せっかく身についた英語力をキープしたいと思い、良い方法はないかと友人の英会話講師たちに質問。 すると、みんな声をそろえておすすめしてくれたのが「ジョリーフォニ ...

続きを見る

 

英語アプリを活用する:無料の英語学習アプリおすすめ8選

英語学習で欠かすことができないのは音声学習。

英語アプリはとても使いやすい学習コンテンツです。

わが家の子どもたちが大好きな無料アプリを厳選して8つご紹介しています。

子ども向け無料英語アプリ8選
【子供向け無料英語アプリ】3~6歳幼児の食いつき抜群!おすすめ8選

英語の学習アプリってたくさんありますよね! もちろん、有料アプリのほうが上質なものが多いかと思いますが、わが家は無料アプリでも十分楽しめています。   今回の記事では、 ◆英語の学習アプリっ ...

続きを見る

 

英語の学習方法を知る:英会話スクールの選び方

英語学習の方法として、通学タイプ、通信教育タイプ、オンラインタイプがあります。

それぞれメリット・デメリットがあるので、それらを把握したうえで、最適な方法を選びましょう。

子どもに最適な英会話スクールの選び方
子どもに最適な英会話スクールの選び方|押さえておきたいメリット・デメリット

子どもの英語教育を考えるとき、どの方法を選べばよいのか悩みますよね。 今回の記事では ◆何を基準に英会話スクールを選んだらよいのかわからない ◆できるだけ後悔しない選び方をしたい と思っているママに向 ...

続きを見る

 

英語の本を読む

後日、記事化予定です。

 

自分の気持ちを文字に書いてみる

後日、記事化予定です。

 

資格試験を受ける

英検体験記yuiさん息子くん
【体験談】幼児の初めての英検®受験(yuiさんの息子くん、5歳で4級合格)

子どもの英語の実力を測るテストとして、英検®を活用する人は多いでしょう。 先日、英語嫌いのわが家のおねえちゃんが、まさかの「英検®受けてみようかな」発言を繰り広げましたので、「これは千載一遇のチャンス ...

続きを見る

 

国際感覚を育むには、海外に興味を持つきっかけづくりがポイント

英語を学ぶだけではなく、「英語がどのように使われているのか?」「なぜ英語が必要なのか?」を身をもって体感できる機会を作りましょう。

 

日本国内で国際交流できる場所を探す

海外に行かなくとも、日本に居ながらにして国際交流をすることは可能です。

無料あるいは安価で体験できる方法を4つご紹介しています。

国際交流イベント
子どもと一緒に日本で国際交流!英語への興味を刺激しよう♪

英語を学ぶ理由のひとつとして、「国際的な視野を持つため」というのがあるかと思います。 国際感覚を身に付けるのに手っ取り早いのは海外留学することですが、お金がたくさんかかるのも事実。   今回 ...

続きを見る

 

子どもを連れて初めての海外旅行に行く

海外旅行は安い買い物ではないので、そのメリットを最大限活用したいですよね。

何歳で行くのがいいのか? 英語圏・非英語圏のどちらが良いのか?

そんな初めての海外旅行の疑問にお答えします。

初めての海外旅行
子どもの初めての海外旅行は非英語圏がおすすめ!何歳で行くのかもポイントに

「子どもが英語を学び始めたし、海外旅行に行ってみたい!」と思っているご家族は多いでしょう。 もちろん日本国内でも国際交流はできますが、海外に行くと日本とは異なる現地の実際の様子を肌で感じられるので、子 ...

続きを見る

 

小学生以下の留学について知る

私が初めて留学したのは高校生の時ですが、今では留学開始の年齢がどんどん下がってきています。

小学生以下の留学の種類や費用についてまとめました。

【小学生以下の海外留学】子どもの将来に備えて知っておきたい種類や費用

英語を学ぶこと、国際感覚を身に付けること自体は、日本国内でも十分可能です。 しかし、グローバル化が加速するに伴って、「そこをあえて子どもに海外留学をさせたい」と思っている親御さんは増えてきています。 ...

続きを見る

 

日本を知る・世界を知る

後日、記事化予定です。

 

多様性(Diversity)を知る

後日、記事化予定です。

 

親ができるのは「動機づけ」と「環境の整備」のみ!

英語学習のロードマップ

繰り返しになりますが、英語を学ぶことは目的ではありません。

「英語を学ぶ」という行為は、あくまで手段です。

英語をコミュニケーションツールとして使い、国際感覚を身に付け、子どもの可能性をもっともっと広げていくことが目的です。

ですので、子ども自身が楽しく英語を学べないと、まったく意味がありません。

 

親ができるのは、あくまで動機づけと環境の整備のみ。

無理強いすることなく、親子で楽しんで英語学習をしていけるのが、一番よいことです。

 

英語の早期教育は必要か?
英語の早期教育はやるべき?大切なのは子どもの観察と子どもへの問いかけ!

小さい頃から子どもに英語教育の環境を与えていると、どうしても耳に入ってくるのが「英語の早期教育の是非」問題。   今回の記事では、 ◆「英語は幼少期から学ばせないと習得できない!!」 ◆「英 ...

続きを見る

 

うまくいかないな、と思ったら、一度離れてみること。英語はいつからでも学びなおせます。

負担にならない程度に、ゆる英語でいきましょう♪

 

以上、ねね(@nene_english)が 「【保存版】子どもの国際感覚を育むためのロードマップ」 の記事をお送りしました!

 

 

ねね
最後までお読みいただきありがとうございました!もし記事に関するご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

また、この記事が参考になりましたら、以下のSNSボタンからシェアしていただけると嬉しいです♪

-英語教育のおすすめ情報

Copyright© わくわくえいご , 2019 All Rights Reserved.