大人のオンライン英会話教室

【英会話のLOBi】6つの独自メソッドを活用した新感覚オンライン英会話スクール【取材記事】

英会話のLOBi

子どもに英語育児をしているうちに、自分自身の英語学びたい欲がわきあがってきた私。

いろいろなスクールを調べていく中で、ものすごく興味をそそるオンライン英会話スクールを発見!!

その名は『英会話のLOBi』

 

◆英語を発話することに対するマインド育成

◆「相づち、質問、意見を述べる」というコミュニケーションの基礎を徹底する

ことに重きを置いている、珍しいスクールです。

 

今まで自分で英語を学んでいて、上記の大切さは痛いほど経験してきたので、このポリシーを見たとき、個人的にものすごく感動しました。

こういうことを教えている英会話スクールがあるとは!!

「どんな思いでこのスクールを設立したのか知りたい!」と興味が湧き、インタビューを申し込んでみたところ、代表の高村さんが快く引き受けてくださいました。

 

今回の記事では、LOBi設立の背景や独自メソッドなど、その魅力に迫ります!

 

取材にご協力いただいた方

株式会社LOBi代表取締役 高村 創さん

 

Q1. マーケターである高村さんがオンライン英会話スクールLOBiを設立したのはなぜでしょう?

高村さん:

私は元々、広告代理店に勤務しており、その後マーケターになりました。そのなかで英会話スクールのマーケティングも担当したのが、英会話スクールとの出会いです。2007年に某大手英会話スクールが倒産し、大きな話題になったときも、まさに英会話教育市場でのマーケテイングに携わっていました。

英会話スクールと関わっていくなかで、英語を教えることに情熱を持っている先生はたくさんいるのに、その熱意を十分に生かせているスクールが少ないなと感じるようになりました。また、せっかく英会話スクールで高いお金を払って英語を習っているのに、一向に話せるようにならない生徒さんがいるというのも不思議でした。

ねね
なるほど、英会話スクールの現状をマーケター視点で見ていたからこそ、自分で業界を盛り上げたいという思いが出てきたということなんですね!

高村さん:

そうなんです。ただ、自分自身もそこまで英語を極めているわけではなかったので、その問題点を解決するために、まずは、「日本人が英語を話せない根本的な理由」をマーケター仲間と議論し始めました。ありとあらゆる英会話スクールに通い、言語学の研究もしました。その結果生まれたのが、LOBiの6つの独自メソッドです。

このメソッドがあれば、誰でも英語を話せるようになるとの確信が持てたので、2014年にLOBiを設立しました。スクールとしての認知度は低かったので、最初の2年間はモニターを集い、LOBiのメソッドを体感してもらいました。すると、口コミで良い感想をいただくことも増え、今では多くの方に継続して受講いただけるスクールへと成長しています。

LOBiのデータ

出典:株式会社LOBi

 

Q2. LOBiの特色でもある6つの独自メソッドとはどのようなものでしょうか?

高村さん:

マーケターの知見を生かしてあみだしたのが、LOBiの6つのオリジナルメソッドです。

それぞれの中身をご紹介します。

なお、LOBiでは、「講師」という呼び名は使わず、「コーチ」と呼んでいます(理由は後述します)。

 

①マインドセット

  • 英語は苦手、難しい。
  • 英語コンプレックス。
  • 間違えるのが恥ずかしい、英語だと消極的になってしまう。
  • 他の人と比べてしまう、完璧でなければいけない。

多くの日本人が持つこの”マインド”は、英語を話すうえでストッパーとなります。この壁を突破するために、生徒1人1人に必要なマインドセットを施します。

 

②コミュニケーションスキル

コミュニケーションの基本である「自分の意見を言うこと、聞き返すこと、質問すること」をレッスンで徹底していきます。

相槌やリアクションの取り方も重要な要素ですので、いろいろなパターンをお伝えします。

 

③日本語⇒英語

日々のエクササイズでは、普段よく会話で使う日本語を英語にしていくトレーニングを行います。

1日最低12分、長くても30分以内で考え、英語で録音して提出してもらいます。

また、週に1回のグループレッスンで理解を深め、自分の言葉で言えるようにし、週4回のマンツーマンレッスンで実践を行うことで、コミュニケーションとして相互に使えるようにします。

 

④毎日

人は新しく知ったことを1時間後には56%、1日経つと74%も忘れてしまいます(エビングハウスの忘却曲線) 。

忘れずに、かつ使えるものにするには「毎日やる」ことは必須です。

大切なのは、毎日無理なく続けられる長さで、英語を話して、英語で考える。ですから、LOBiでは1日12分でできるエクササイズを毎日用意しています。

 

⑤繰り返しと積み重ね

毎日のエクササイズでは、1人1人の英語レベルに合わせた日常会話でよく使うフレーズを日→英にて 録音提出を行ないます。

1週間のエクササイズの中で同じフレーズを繰り返し練習しますので、それを積み重ねることで、体に定着し自然と言えるようになります。

そして、定着したものを自分の言葉として使えるよう、グループレッスンでコーチがフレーズを引き出します。

 

⑥置き換え

6種類用意している置き換え方法で、分からなかったり言えなかったりする文法や単語を、簡単な日本語にしてから英語にすることで自分の伝えられる表現を使って英語で言えるようトレーニングをします。

初心者でも使え、中級者以上には速攻性の非常に高い応用のテクニックが、誰でも使えるようになります。

 

ねね
私もだいぶ英語が話せるようになりましたが、この6つのメソッドは英語でコミュニケーションを取れるようになりたいと思っている人にとって、どれも欠くことができない大切な要素だと感じています。⑥は、これができないと言葉が出てこなくて沈黙が続く。。。という状況になってしまうので、トレーニングするのは大事ですね!

 

Q3. LOBiではなぜバイリンガルコーチを採用していますか?なぜ講師をコーチと呼んでいますか?

高村さん:

一番の理由は、「日→英」のメソッドが、日本語と英語両方を母国語レベルで話すバイリンガルコーチでなければ指導できないメソッドだからです。日本の義務教育(ティーチング)を経た方であれば、すでに十分な英語が備わっています。ですが、発話力を磨く機会がないため、英語を長年勉強をしながらも「英語は難しい」「英語に自信が持てない」と感じてしまう方も少なくありません。

私たちのスクールでは「自分が伝えたいことを英語にする」ことにフォーカスし、1人1人の中に眠っている英語の記憶をバイリンガルコーチが最大限に引き出していきます。

「間違えることは当たり前。トライ&エラーを繰り返してこそ、物怖じせずに英語を話せるようになる。」

コーチ全員がその信念を持って生徒と接しています。自らの経験を活かし効果的なメソッドをコーチングするその指導力は、数ある英会話スクールの中でもトップクラスです。

LOBiの講師は、いわゆる「教える人」ではなく、「コーチングをする人」という位置付けのため、講師ではなくコーチと呼んでいます。

 

なお、コーチの採用率は5%程度。現在は15人程在籍しており、ほぼ正社員採用です。採用の段階で、英語力ではなくコミュニケーン能力、ホスピタリティ、コーチングで生徒をしっかりと導いていける人を選んでいます。研修は2か月間あり、それを経ても合格しない人もいます。コーチの質はかなり高いと自負しています。

ねね
私も実際にLOBiのコーチの方とお話させていただきました。どんな状況でも明るい声掛けでモチベーションを上げてくださるのがとてもうれしかったです。

 

Q. LOBiの生徒さんはどういう方が多いですか?

高村さん:

「他の英会話スクールに通っていたけど、話せるようにならなかったからLOBiに来た」という方が多いのが特徴です。

口コミなどでLOBiを知った方や、メソッドに共感してくださった方が多いので、満足度や継続率も高いです。

 

英語レベルとしてはビギナーの方が多い印象です。

女性が約6割、30~40代の方がメインですが、中学生からなんと85歳までと、幅広い年齢層の生徒さんがいらっしゃいます。

最近多いのが、お子さんが英語を話せるようになってきたから、自分も勉強したいというママの方ですね。

メソッドに基づき、楽しくコミュニケーションを取りながら学んでいくことに重点を置いているので、女性向きなのかもしれません。

 

Q. コミュニケーションに特化したスクールということですが、どのようにレッスンを進めていきますか?

高村さん:

他の英会話スクールでは、主に定型的な文や質問・会話形式を学ぶことが多いと思いますが、私たちはとにかく発話してコミュニケーションを取っていくことに注力しています。

文法については、日本の義務教育で学んだもの、特に中学1~2年生のレベルを使います。というのも、実際に外国人とコミュニケーションを取ってみたらわかると思うのですが、皆さん、文法はそんなに難しいものを使っていないんですね。ですので、LOBiでは文法を「教える」ことはせず、中学校の時の記憶を「思い出させる」ための声掛けをコーチが行います。

ねね
たしかに、文法については中学生レベルで十分ですよね。義務教育で一度は目にしているはずのものなので、「思い出させる」という表現はピッタリですね!

 

高村さん:

そうなんです!

レッスンについては、大きく3つのセッションに分かれています。

 

①デイリーエクササイズ&フィードバック

毎日課題が与えられるので、最低12分、最高でも30分以内で課題を提出してもらいます。その課題に対して、エクササイズ担当のコーチがフィードバックを行います。

 

②オンラインでのグループレッスン

1週間に1回行われるレッスンで、グループレッスンコーチが担当します。レッスン日の前の1週間で取り組んだエクササイズの振り返りや、グループのメンバーと一緒にコミュニケーションの実戦練習を行います。基本的にはオンラインレッスンで対応しているので、教室に通う必要はありません。

 

③外国人講師とのオンラインでのマンツーマンレッスン

1対1の本格的な実践の場として、1週間に最大4回(1回あたり25分)受講できます。ネイティブの外国人講師が担当します。

 

Q. ここだけは自信を持っておすすめできる!というLOBiの強みは何ですか?

高村さん:

やはり、「短期間で外国人とコミュニケーションを取れるようになる」ということです。

 

一般的に英語は2000時間学べば話せるようになるといわれていますが、日本で週1回英会話スクールに通うだけでは、何年もかかってしまいます。

その点、LOBiでは英語に対するマインドセットからスタートし、独自メソッドに沿ってレッスンを重ねていくので、1000時間程度でコミュケーションが取れるようになります。

 

今までの生徒さんの体験談として、英語が全く話せなかった方が、LOBiのレッスンで英語へのマインドセット、相づち、質問、意見を述べるというコミュニケーションスキルを3か月間徹底した結果、外国人とバーで1時間、英語のみでコミュニケーションが取れるまでに成長しています。

その方は、発話している文法は完璧とは言えないかもしれません。しかし、コミュニケーションとは文法だけで取るのではなく、相手と相手の言葉のやり取りで楽しむものです。そういった「英語を使ったコミュニケーション」を短期間で外国人と行えるようになるのは、LOBiの強みといえます。

 

LOBiの生徒さんの多くが、初心者でも1年経つとかなり話せるようになりますし、中級者であれば、半年程度で一気にコミュニケーション力がつきます。

生徒さん1人1人の目標に応じたシチュエーションでレッスンを組み替えるので、アレンジが多様なことが影響しているかと思います。

 

毎日、無料体験レッスンも行っていますので、私たちのメソッドに興味がありましたら、ぜひ一度体感していただけたらうれしいです。

 

LOBi高村様へのインタビューを終えて

楽しく話す女性たち

私事ですが、前職では日系グローバル企業の人事として、社員向けの研修を企画・運営する仕事も担当していました。

担当研修の1つが英語研修で、民間のオンライン英会話スクールを厳選し、英語力の強化が必要な社員に対しておすすめのスクールを紹介するということもしていました。

当時はまだ数社しかオンライン英会話スクールがなかった印象ですが、あれから5年以上経過し、その数もかなり増えたように感じます。

 

私も今回、自分が英語を改めて学びたいということもあり、当時の記憶をよみがえらせながら、いろいろなスクールを調べていました。

そして、見つけたのが、今回インタビューさせていただいた『LOBi』

 

正直、あまり知名度はないスクール(すみません!)ですが、

◆英語を発話することに対するマインド育成

◆「相づち、質問、意見を述べる」というコミュニケーションの基礎を徹底する

という、英語学習者が外国人とコミュニケーションを取れるようになるために決しておろそかにしてはいけないポイントをしっかり押さえている英会話スクールは、なかなか無いと思います。

 

今回、インタビューおよびレッスンも受講させていただき、高村さん、そしてコーチの皆さんの熱意を感じ、学びの多い時間を過ごせました。

英会話のLOBi体験記
【評判】英会話のLOBiで無料体験レッスン!独自メソッドを体感しよう♪

6つのオリジナルメソッドを活用し、短期間で英語を使ってコミュニケーションを取れるようになることを目指しているオンライン英会話スクールの『LOBi』。 今回の記事では、私が体感した無料体験レッスンおよび ...

続きを見る

 

もし、「今まで英語を学んできたけど、外国人とコミュニケーションを取るまでにはなかなか進まない」という状況に悩んでいる方がいましたら、LOBiのマインド育成およびオリジナルメソッドをぜひ感じていただきたいです。

 

LOBiでは毎日、無料体験レッスンおよび無料カウンセリングを実施しています。

受講後には、以下の動画3本もプレゼントされるのですが、この動画を見ると、LOBiのメソッドをより深く理解することができますよ。

  1. 英語での会話が続く魔法のフレーズ
  2. LOBi置き換えメソッド(実際の体験レッスンの様子です)
  3. トラベル英会話必須フレーズ

 

なお、「英語をどうやって学ぶのが自分にとって一番良いのかわからない」という方は、無料体験レッスンの受講前に無料カウンセリングを受けてみるほうが良いです。

きっと、今後の英語学習のヒントになることでしょう。

 

あなたがもし英語学習で壁にぶつかっているのなら、外国人と英語でコミュニケーションを取るためのマインドと具体的な方法を徹底的に叩き込んでくれる英会話スクールである『LOBi』は、ぜひ検討材料の1つに入れてみてくださいね。

 

以上、ねね(@nene_english)が 「【英会話のLOBi】6つの独自メソッドを活用した新感覚オンライン英会話スクール【取材記事】」 の記事をお送りしました!

 

LOBiエデュケーション 概要

スクール名 LOBi
運営会社 株式会社LOBi
所在地 東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル7階
設立 2014年
特徴 研究を重ねたうえで作り上げたオリジナルの6つのメソッドを元に、REAL×WEBスタイルで、インターネットと対面型をミックスさせた、新タイプの英会話スクール。
主力コース スピーキング特化
基本的なコース費用 月額24,000円(週1回グループレッスン、週4回マンツーマンレッスン、毎日エクササイズ&フィードバックを含む)
※カリキュラム費は別途2,000~6,000円程度。
無料コンテンツなど 無料体験レッスン:LOBiのメソッドを体験してみたい方向け

無料カウンセリング:英語をどうやって勉強するのが自分にとって一番良いのか悩んでいる方向け

※2019年11月30日まで

『秋の10大特典キャンペーン 英会話習得に活かせるコンテンツや特典をもれなく全員に!』

を実施中。詳細は上記リンク先にてご確認ください。

 

 

ねね
最後までお読みいただきありがとうございました!もし記事に関するご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

また、この記事が参考になりましたら、以下のSNSボタンからシェアしていただけると嬉しいです♪

-大人のオンライン英会話教室

Copyright© わくわくえいご , 2019 All Rights Reserved.