プロフィール

ねねと英語:亀の歩みで成長!!

更新日:

nenemamaの英語&留学経験

今回の記事では、私の英語と留学経験について、年表風にお伝えしていきますね。

 

小学時代

絵本を読む親子

プロフィール記事で書いた通り、小学2年生で”英語”の存在を知りました。

 

祖父から教えてもらった「英語という魔法の言葉」を学びたい!という一心で、

母と一緒に英語の本を読んだり、海外文通をしてみたり。

 

英語が得意ではない母でしたが、私のために一緒に勉強してくれました。

https://nene-english.com/profile/

 

中学時代

授業風景

ねねは、中学1年生から、学校の授業と地元の進学塾で英語を学んでいました。

会話に重きを置いているというよりは、文法が中心でしたね。

英語を学ぶのが本当に好きだったので、テストではいつも9割以上取っていました。

たしか、高校受験の勉強も兼ねて英検3級(中学卒業レベル)を受験し、合格した記憶があります。

 

この時に、

「自宅から通える一番レベルの高い公立高校に入学できたら、英語圏に短期留学させてほしい!!」

と両親にお願いしました。

 

高校時代

カナダ・トロント

無事、希望の公立高校に入学できたので、短期留学について調べ始めます。

当時は自宅にインターネットも無かったので、母が新聞や雑誌を頼りに、留学フェアの情報を集めてくれました。

北海道に住んでいるので、年に1回程度しか開催されていませんでしたが、タイミングよく、高1の夏くらいにとある留学フェアに参加できました。

 

そこで、短期留学といえども、結構なお金がかかると知ります。

ねねが通っていた高校はアルバイトOKだったので、さっそくバイトを始め、留学資金をためることにしました。

 

そして、高校2年生の春。

念願叶って、カナダのトロントに2週間語学留学!

自分のアルバイト代では足りなかったので、両親からも援助してもらいました。

 

初めての海外、初めての一人旅。

もともと好奇心が旺盛だったので、ワクワクいっぱいで旅立ちました。

楽しいこともたくさんでしたが、「自分の英語が通じないくやしさ」も経験しました。

 

そして、

「大学も、自宅から通える一番のところに行くから、1年間留学させてほしい!!」

と、両親に再度懇願しました。

 

なお、高校時代は、高校の授業と、大学受験のための予備校にて英語を学びました。

英会話学校にも2か所通いましたが(大手教室でグループレッスン、個人教室でペアレッスン)、

あまり有益だとは感じられなかったため、いずれも数か月で退会。

英検は、高校卒業までに2級を取得していました。

 

大学時代

スウェーデン・ヨーテボリ

大学入学後、またカナダに語学留学に行きたいと思い、アルバイトをしながらお金を貯めます。

英語自体は、大学の授業と、英会話学校(小規模教室で10人以下のグループレッスン)に1年間通って学びました。

この時点でTOEICスコアは600です。

 

大学3年で留学すると決めており、その前段階の情報収集で、考えてもみなかった情報をゲットします。

  • 非英語圏に行くと、英語力が伸びるらしい
  • 非英語圏に留学して、人と違う経験をしてみるのも良いらしい
  • 所属学部で、スウェーデンへの交換留学の枠が空いているらしい

これはもう、私に「スウェーデンに行け!」といわんばかり。

数日悩みましたが、「交換留学なら、親も安心してくれるだろう」という結論に達し、交換留学に申し込みました。

 

本来ならTOEFLの基準点を超えなければ交換留学させてもらえませんが、希望者が私しかいなかったこともあり(笑)、ノーテストで合格です♪

 

スウェーデンの大学での授業は、英語で実施。

この時点で私の英語力がTOEIC600しかないというのはとっても不安だったので、スウェーデンの交換留学が始まる1か月前に、イギリス・エクセターで語学学校に通うことにしました。

 

1か月の語学留学+1年間の交換留学を無事終えたあと、勉強せずに最初に受けたTOEICスコアは800でした。

 

なお、私のアルバイト代だけでは到底足りない留学費用分は、親が留学ローンを組んで確保してくれました。

感謝しかありません!!

 

大学卒業前

カナダの湖

卒論も書き終え、大学卒業&就職で上京まであと少し。

「やっぱり、もう一度カナダに行きたい!」と考えます。

 

さすがにもう親に費用面で負担をかけられないので、ローンが組める語学留学を提供していた留学支援団体を利用しました。

(社会人になってから、返済開始しました。)

 

この1か月で、ものすごく厳しい先生のクラスに入りまして(笑)

発音矯正をたくさんしてもらえたのは、本当に良かったなと思っています。

 

社会人

職場で働くスタッフ

就職して最初に受けたTOEICは、840。

実は、その後、何回かTOEICを受けたのですが、800前後で停滞。。。

職場では英語を使う機会がとても少なかったので、学習意欲もそこまで上がらない日々が続きます。

 

でも、2人目の育休中の時、「やっぱり、英語を使う部署に異動したい!!」と真剣に思うようになり、一念発起。

英語好きなママ友に英語学習のバディとなってもらい、市販のテキストを使って一緒に勉強しました。

 

すると、800点台の壁を超え、ようやくTOEIC930を取得できました!!

 

まとめ:ねねの英語力は、亀の歩みでゆっくりと成長

階段を上る

ねねの英語力は、短期でググっと上がったわけではなく、地味~なステップを進んだ結果です。

巷には「〇か月で話せるようになりました!!」とありますが、

それに比べて、ねねは亀の歩みですね(笑)

 

<時期> <学習方法> <英語力>
小学生 (母の助けを借りながら)絵本、海外文通 超ビギナー
中学生 学校の授業、進学塾 英検3級
高校生 学校の授業、予備校、語学留学 英検2級
大学生 大学の授業、英会話教室、語学&交換留学 TOEIC600⇒800
社会人 市販のテキストで学習 TOEIC840⇒930

 

でも、こんな長い期間をかけてじっくり英語力を身に付けたからこそ、「語学学習継続に大切なこと」が、だいぶ分かったように感じます。

 

そして、今では、その知識を生かして、英語学習の継続だけでなく、台湾で中国語も勉強中です!!

https://nenemama.com/category/learn/

 

ちなみに、英会話力については、台湾で外国人ママと話すと、

「日本人ってあんまり英語できないはずなのに、ねねはできるんだね~!」とは言われます。

 

正直、私の発音は完璧じゃないし、文法も適当なことが多いんですけどね。。。(笑)

 

でも、遠慮せず「発話する」という意味では、謙虚な日本人と比較すると、「英語が話せる」部類に入るのかなーと思います。

 

今後は、大人&子供向けの英語学習の具体的な方法と、海外留学についてを、順次記事化していきますね。

引き続き、お付き合いよろしくお願いします♪

 

-プロフィール

Copyright© わくわくえいご , 2019 All Rights Reserved.