英語表現

英語で自己紹介"My name is ~."と"I'm ~."は場面に応じて使い分けよう

自己紹介

英語学習の初期の段階で習うのは、自己紹介の方法です。

英語で自己紹介するとき、学校の教科書では"My name is ~."で習ったのに、ネイティブは"I'm ~."って言ってる気がする!古い表現なの?

こんな疑問、湧き上がってくることありますよね。

 

結論としては、「状況に応じて使い分けよう!」です。

今回の記事では、

  • "My name is ~."と"I'm ~."それぞれの表現を使う際にイメージするとよいこと
  • シチュエーション別に使い分けるコツ

をお伝えします。

 

この記事は、不定期で開催している大人のやり直し英語塾「ねね塾」でメンバーさんからいただいた質問を元に構成しています。

 

イメージは「”名前”そのものを強調したいかどうか」

英語で自己紹介するとき、挨拶の冒頭で「私は〇〇です。」と話しますよね。

・My name is ~.

・I'm ~.

これらは、どちらも正しいです。

使い分けとしては、”名前”そのものを強調したいかどうかで変わってきます。

日本語でいう「私は~」なのか、「私が~」なのかみたいな感じかなーと個人的には思っています。

 

例えば、自己紹介をするとき、単に自分を紹介したい「私は~」の場合は、"I'm Nene." のようにさらっと紹介します。

そうではなくて、自分自身や自分の”名前”を強調したい「私が~」の場合は、 "My name is Nene." と言うようなイメージです。

一対一の時は"I'm Nene."、大多数を前に話すときは "My name is Nene." を使うのも、なんとなく上記のイメージと繋がりますよね。

 

英語 My name is~. I'm ~.
日本語 私の名前は~です。 私は~です。
場面 主に大人数の前で、フォーマル 主に一対一、カジュアル
イメージ 自分自身、自分の”名前”を強調したい「私が~」 単に自分を紹介したい「私は~」

 

どちらを使ってもOK!場面に応じて使い分けてみよう♪

友達たくさん

基本的には小さいお子さんが自己紹介するときって、英会話レッスンなどで”名前”自体を聞かれていることが多いので、"My name is ~."で答えるパターンが多い気がします。

例えば、外国人のお友達と一対一で自己紹介するのであれば、カジュアルに、"I'm ~." あるいは名前だけ "〇〇!" と伝えるのも全く問題ありません♪

もちろん、"My name is ~."を使っても間違いではありませんので、そこまで心配しなくてOKです。

大人なら、自己紹介とあわせて握手(shake hands)する流れも自然と生まれるかもしれませんね。

 

ぜひ、シチュエーションに応じて自己紹介を使い分けてみましょう♪

 

以上、ねね(@nene_english)が 「英語で自己紹介"My name is ~."と"I'm ~."は場面に応じて使い分けよう」 の記事をお送りしました!

 

-英語表現

© 2020 わくわくえいご