大人のやり直し英語

無料の英語レベルチェックサイトで自分の実力を確認【英語学習はじめの一歩】

英語レベルを無料でチェックしよう

「英語を話せるようになりたい」とはいうものの、そのレベル感は人それぞれ。

まずは、自分の現状の英語レベルを知ることから始めましょう。

そして、将来的には、ネイティブレベル、ビジネス英語レベル、日常会話レベルをどこを目指すのか?

目指すゴールによって、学習ステップも変わっていきます。

 

今回の記事では、

◆英語を話せるようになりたいけど、そもそも英語レベルが分からない

◆自分の現状の英語レベルを知って、英語学習を始めたい

というママのために、世界で活用されている英語力の指標と、自分の英語力を無料で調べるツールをお伝えします。

 

ねね
英語学習のスタートは自分の実力チェックから♪

日本で有名な英語テストは英検とTOEIC(トーイック)

英語のテスト

日本で英語力を測る指標としてよく用いられるものには、英検やTOEIC(トーイック)があります。

※その他、海外留学で必要なTOEFL、IELTSなどもありますが、今回は説明を割愛します。

 

英検

英検(正式名称:実用英語技能検定)は、「日本の実用英語の普及・向上」を目的として、1963年から開始されました。

児童向けの英検Jrが実施されていたり、学校での受験も可能であることから、認知度は非常に高いです。

2018年度の志願者数は385万人、今までの累計受験者数は1億1200万人を超え、日本で一番受験されている英語試験となっています。

※参照:英検HPより

 

TOEIC

TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テストの略称で、1979年から実施されています。

英語を母国語としない人たちの英語でのコミュニケーション能力を測るために開発されました。

2018年度の総受験者数は266万人で、英検に次いで受験者数が多いテストです。

TOEICは今までListening&Reading(聴く&読む)テスト(TOEIC L/R)が主流でしたが、Speaking&Writing(話す&書く)テスト(TOEIC S/W)が新設されて以来、そちらの受験者も右肩上がりで増えているようです。

※参照:TOEICホームページより

 

世界では、英語のレベルは”CEFR(セファール)”を基準に考える

CEFRとは

世界で最も活用されている英語レベルを測る指標としては、CEFR(セファール)が有名です。

CEFRとは、「外国語の学習・教授・評価のためのヨーロッパ言語共通参照枠(Common European Framework of Reference for Languages: Learning, teaching, assessment)」の略称です。

CEFRは, 語学シラバスやカリキュラムの手引きの作成、学習指導教材の編集、外国語運用能力の評価のために、透明性が高く、分かりやすい、包括的な基盤を提供するものとして、20年以上にわたる研究を経て、2001年に欧州評議会が発表した。

※出典:文部科学省「各資格・検定試験とCEFRとの対照表」

CEFRは6段階に分かれています。

ざっくりと、A1-2が初級、B1-2が中級、C1-2が上級というイメージです。

CEFR6段階

世界中で行われている英語に関するテストでは、このCEFRのレベルとの対比表が用意されています。

日本で受験者数の多い英検、TOEICとCEFRを比較すると、以下のようになります。

CEFR 英検 TOEIC L/R TOEIC S/W
C2 該当なし 該当なし 該当なし
C1 1級 490~ 455~
B2 準1級~1級 400~ 385~
B1 2級~準1級 275~ 275~
A2 準2級~2級 110~ 115~
A1 3級~準2級 60~ 60~

※参照:文部科学省「各資格・検定試験とCEFRとの対照表」TOEIC Program各テストスコアとCEFRとの対照表」

 

自分が目指すべき英語力を確認しよう

自分の英語学習の経験から、必要な英語力の目安を以下のように振り分けてみました。

あなたが目指す英語力と照らし合わせてみてください。

  • 仕事で海外とやりとりをするなら、B2以上
  • 外国人とちょっと込み入った会話をしたいなら、B1以上
  • 外国人の友達とある程度会話を楽しみたいなら、A2以上
  • 外国人観光客に道案内をしたりなど、簡単な英語を使ってコミュニケーションを取りたい、親子英語に取り組みたいなら、A1以上

 

当ブログのメイン読者である子育て中のパパやママで、親子で英語学習を楽しみたいと思っている方なら、CEFRのA1以上(英検3級以上)があるといいな!という感じです。

 

 

自分の英語力を測るためのおすすめ無料サイト

英語力を調べるのに使える無料サイトはたくさんありますが、私が使ってみて一番いいと思ったものを紹介します。

NHK出版の「英語力測定テスト」です。

実際に私も受けてみたのですが、判定結果はまさに私の英語力をドンピシャに言い当てられました!

 

このテストのよい点は、

  • 基礎編(CEFRのA1~B1レベルまで)と応用編(CEFRのA2~C1レベルまで)に分かれている
  • 文法・会話・リスニングのセクションに分かれている
  • 解答後に答え合わせができる

という点です。

特に、答え合わせができるのは、復習にもなるので便利です。

 

個人情報を登録する必要もなく解答できるので、自分の英語力を試したい方はぜひ一度トライしてみてくださいね。

 

自分の実力が分かれば、英語学習の道筋を立てられる!

英語レベルチェック

英語学習は、以下のステップから始まります。

  1. 英語学習の目的を定める(なぜ英語を学ぶのか?学んだ後にどうなりたいのか?)
  2. 目指す英語力を決める(どのレベルの英語力を身に付けたいのか?)
  3. 自分の現在の実力を知る

 

目指す英語力と自分の現在の実力が分かれば、そのギャップを埋めるための学習を進めれば良いだけです。

そこを考えずにやみくもに英語学習をしても、効率的ではないでしょう。

 

今回ご紹介したツールを使って、まずはご自身の英語力測定をしてみてくださいね!

 

以上、ねね(@nene_english)が 「無料の英語レベルチェックサイトで自分の実力を確認【英語学習はじめの一歩】」 の記事をお送りしました!

 

 

ねね
最後までお読みいただきありがとうございました!もし記事に関するご質問などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

また、この記事が参考になりましたら、以下のSNSボタンからシェアしていただけると嬉しいです♪

-大人のやり直し英語

Copyright© わくわくえいご , 2019 All Rights Reserved.